中国足心道中村療術院
btn
btn
head-img head-img-sp

初めての方

ご挨拶

当院の3つのこだわり

icon中国足心道と三軸修正法

足の反射区治療『中国足心道』
その最大の「神経反射原理」により片足63箇所ある反射区を中国足心道独自の反射区療法に氣の治療を併せ、全反射区を一通り丁寧に押圧し、再度必要な重点反射区を押圧し、全身の経絡の流れを促進し、身体に本来備わっている働きを活性化し、不調や病を改善に導くことを目的とした手技療法です。一般的な足裏マッサージや足つぼのリラクゼーションや癒しのものとは一線を引いて、拘りを持った治療を皆様にご提供しています。詳しくは中国足心道反射区療法をご覧ください。 
創案者池上六郎先生の『三軸修正法』
三軸修正法は身体は微粒子の集合体(三軸的粒子)の集まりで出来ているということをベースに、普遍的な自然の法則を利用し、心身に負担を掛けることなくその一つの微粒子に働きかけ、全身のアラインメント(身体の建付け)とバランスを直すことで、幾つかの不調の要因が重なりシンクロナイズドしている状態を壊すことで状態が変化し、身体が整い、身体に本来備わっている自然に治す力を呼び覚ましていきます。15分~20分程度の施術で姿勢が整い、呼吸がし易く視界が広がり、心身がスッキリします。詳しくはバランス整体をご覧下さい。
現在も毎週木曜日の勉強会に足を運び、学び続けております。

icon基本の東洋医学

東洋医学では、人間と自然界は一体であると捉え、これを統一体観と呼ばれる考え方で東洋医学の基本となり、人間、動物、植物、鉱物、大氣、水などすべてのものは統一体を構成する要素であり、お互いに関係しています。 統一体は不動ではなく、無数の要素は常に変化しており、この変化を「陰と陽の移り変わり
という概念で説明されます。陰陽の移り変わりは昼夜の交代や季節の変化で説明出来ます。
太陽が高くなるにしたがって、陽が強くなり、正午には陽の強さが極まります。
一方日が傾き陰が強くなり、真夜中には陰が極まります。また一年を通してみると夏至が陽、冬至が陰が極まります。
陰陽のどちらかの強弱が強すぎたり、弱すぎたりすると偏りの修正が出来なくなり強くなり過ぎる事を偏勝、弱過ぎる事を偏衰と言い、身体のバランスがとれている中庸の状態が健康体といえます。
しかし、バランスが崩れ身体のどこかで偏勝や偏衰が生じると、全身に影響が及び体調が悪くなります。
このことより当院では心身のバランスを整えること基本とした施術をご提供しております。

icon 施術空間

当院は隠れ家的な和の空間で閑静でプラベートな空間を大切にした治療院です。
その場にいるだけで心地よく施術をお受け抱ける空間をご提供しております。
 
治療室内にドイツ・レヨネックス社製の波動調整のガジェット『デュプレックスⅣ』『チャクラオープナー』『E-smogレヨネータ』を設置。
 
地の水脈や断層から発せられる人体に影響のあるジオパシックストレスという負のエネルギーや周りの電氣機器から発せられる電磁波を波動的に中和し、この場にいるだけで癒され調子が良くなる環境作りを目指しています。

治療方針

・一人ひとりに合せた徹底した施術
・メンタル面のフォロー  
・カウンセリング重視(患者様との対話を重視)
・当院の対応範囲以外の病等については病院での受診指示
・生命エネルギー、免疫力、自然治癒力の向上

img

ページトップに戻る