市川行徳・妙典・浦安の足つぼ・足裏・足もみ整体専門治療院、肩こり、腰痛、膝痛、慢性疾患、ガン、認知症、婦人病、自律神経など
中国足心道中村療術院

よくあるご質問policy&FAQ

よくあるご質問

施術ではどのようなことをするのですか?
当療術院では中国足心道足もみ療術、バランス整体の手技法をメインに施術を行っています。

「中国足心道反射区療法」
反射区療法の一つで中国足心道の施術法に従い、足を診ながら、片足63か所ある反射区を丁寧に揉み込んでリンパ液・血液の流れを促し免疫力・自然治癒力を目覚めさせてご自身の回復力を向上させることで病や不調が回復していきます。
必要な時間はしっかりかけますので時短やショート、或は時間で区切った中途半端な施術は一切行っておりません。

「バランス整体」
リラクゼーション目的のことは排除して、全身の建てつけ、バランスの調整の施術を行います。
的確・短期集中・短時間を心がけた施術を行っていきます。
局部だけを強くもみほぐすような施術は、筋肉の組織を破壊し、その後はさらに硬い状態になってしまうのでおすすめしません。 
本当に症状を解消させていきたいならば、強い刺激は必要ありません。 
当院では体を変化させる最小限の刺激による整体で全身のバランスを調整していきます。

「フルボディケア」
中国足心道反射区療法+部分バランス整体/中国足心道反射区療法+バランス整体
中国足心道反射区療法にバランス整体を組み合わせて、反射区療法と整体の双方から心身の不調などの根本原因にアプローチ
慢性的な疾患、慢性疲労等初めにこちらの施術を受けられる事をお薦め致します

服装はどのような格好をすれば良いですか?
基本的にはお越し頂いたままの容姿で行ないますので、軽装でお越し頂ければ大丈夫です。
中国足心道療術をご希望の方は、膝上までが施術対象となりますのでまくり上げられる服装でお越し下さい。

予約は必要ですか?
基本的には完全予約制となっておりますので、お電話では当日ご希望の1時間前、メールですと1日前のご予約となります。
当日ご来院時に前の方の関係でお待ち頂く事も御座いますのでご了承願います。

回数券はありますか?
はい、御座います。
中国足心道反射区療法は
「4回分」 16,000円 → 15,000円
バランス整体は
「4回分」 16,000円 → 15,000円
で扱っております。どうぞご利用下さい。

家族と行きたいのですが
施術はお一人様ずつ行わせて頂きます。3名様まで可能です。
お待ちの間はWifiもご使用出来ますのでご利用下さい。

足をもむとどうなりますか? それと痛いですか?

人体で最も血液が滞りやすい足をもむ事で、血行不良が改善します。
呼吸・心拍・血圧・自律神経が安定し緊張感・不安感が緩和されます。
足の「反射区」に刺激を与え、人体のもつ「予備能力」「再生能力」「復元能力」を、最大限発揮できるようにします。

痛みですが、東洋医学には「通じざれば、すなわち痛む」という言葉があり不調の箇所は痛みがあります。そこを正常化させます。
痛さは施術をする上での大切な要素といえます。
施術回数を重ねるごとに体調が整えられ、痛さは軽減していきます。器具ではなく、オールハンド(素手)で直接もむので痛さに加減する事が出来ます。

足もみと併せて整体を受けたいのですが?
よく頂く質問で、ご希望にお応えし新しく中国足心道足もみ療術に併せてバランス整体を組み合わせた施術をご用意致しました。
施術料金等は中国足心道療術のメニューをご覧下さい。

足もみのショートコースはありませんか?

徹底し丁寧な足もみを行っている関係でショートはありません。
しっかり時間をかけ徹底した足もみで自然治癒力と免疫力を向上させて病や不調を改善していきます。

整体で関節や骨をボキバキするのですか?
当院の整体術は全てボキバキせず、殆ど痛みの無い施術が基本です。
ボキバキしないと改善されない、強い刺激でないと効果が無いと思われている方、長時間の施術では無いと効果が無いと思われている方には当院はお勧め致しません。

施術回数や、施術期間はどのくらい?
反射区療法及びバランス整体の頻度についてですが、1回で改善を求めて来る方はご遠慮下さい。
不調や痛み等の症状が出るには様々な要因が時間の経過と共に重なり、それがシンクロナイズドした結果、不調や痛みという現象として現れて来るもの。

先ずその状態を反射区及び整体でアプローチしてシンクロナイズドしている状態を壊していく事から始めていき、新たな心身の状態に変えていく必要があり、それ故に症状が寛解され、改善に至っていきます。

その方の症状、状態(突発性や慢性など)、年齢、生活環境で個人差がありますので治療回数はその方により異なります。
基本的な治療間隔ですが、初回から週1回から2回で数回集中的に治療を開始し、その後は週1単位期、隔週単位期、月単位期、メンテナンス期と行っていきます。

また婦人科系(不妊症・子宮筋腫・卵巣嚢腫など)や内臓疾患(がん・腎臓病・肝臓疾患・糖尿病など)でご利用になる方に関しては、長期的な治療が必要となり上記には該当致しませんので、その点ご留意頂いた上でご利用下さい。


施術中は眠ってもいいですか?
中国足心道の足もみでは施術中眠氣が来ることが多いですが、眠らないようにお願い致します。眠ってしまうと意識が遠のき、効果が減少してしまう所以です。

治りますか?
医療行為ではありませんので『治る』と断定できません。
人間が生まれながらにして持っている、病気や怪我を治す力を自然治癒力といいます。手術や、薬を投与しなくても治る機能のことです。
この自己治癒力を高め『治る』お手伝いをしたいと思っています。

一回の施術で改善させたいです
一回で改善を望んで来られる方がいらっしゃいますが、症状が出るには様々な要因が重なって今の不調が起きていることが殆どです。
一回の施術でそこそこは楽になりますが、根底から改善するのは症状の度合いにより、最低でも2〜3回の施術は必要となりますし、どこの治療院も同じことが言えますのでその点をご留意の上当治療院へお越し下さい。

足をもむとすぐに効果は現れますか?

医療行為ではないことをまずご認識ください。
但し、症状によりますが、むくみ、腰痛・ぎっくり腰、肩こり、生理痛、頭痛、腹痛、便秘などは楽になる方もおられます。
症例:40代男性。首の後ろから肩にかけてコリがあると訴えましたが、足の肩、首に対応する反射区は硬くなくその症状がありませんでした。しかし、胸椎、腰の反射区に激痛がありその部分を丁寧に揉んだところ首、肩のコリが解消され、楽になったとおっしゃいました。

妊娠中・出産後でも施術は可能ですか?
妊婦の方は特につわりの辛さや不安・ストレスを和らげ、精神を安定させる他、下半身のむくみや冷え性、逆子対策にも最適です。
過去に出産予定日を過ぎてもまだ出産出来ず、足をもんでから2日後に出産された方がおります。

揉み返しなどはありますか?
中国足心道足もみ療術・バランス整体に関しては瞑眩反応(好転反応)は人により生じることがあります。
施術別に反応例・原因と処置法を記載しました。

<中国足心道反射区療法>
めまい・だるさ・吐き気・太る
腎臓機能が低下しているために、動き出した汚れが腎臓で充分にろ過出来ず、汚れた血液が全身にまわるために生じます。
腎臓機能が向上すればおさまるので、全く心配ありません。

湿疹・目やに・鼻血・痔疾患・尿が臭い.色が濃い
足にたまった汚れが動きだし、その汚れが体外に排泄されているために生じます
非常に良い経過の証拠といえます。

眠い
体が頭寒足熱状態になるために眠気が起こります。全く心配ありません。

発熱
足をおすことによってリンパ球が動きだし、それまで体の中に潜伏していた
様々なウイルスと戦いはじめたためです,そのまま続ければおさまります。

腫れ・むくみ・痛み
腎臓の機能低下と足にたまっていた汚れが、おすことによって膨張したために起こります。
そのまま続けても一向に差し支えないがありませんが、気になる場合は
塩湯(36?40℃、海の水と同じくらいの濃さ)に足を浸せば楽になります。

<バランス整体>

眠氣・身体のだるさ・身体の痛み等
カラダの軸が変わることで血流が促進され、眠氣やだるさが来る場合があります。
それから特にカラダを常日頃酷使されていて整体を受けられた方で、カラダの歪みなどが緩和されたことで筋肉痛やつった様な痛みが一時的に出る場合もありますが、身体を休める事で症状が治まります。

中国足心道は国家資格ですか?
いいえ、日本では国家資格ではありません。
但し、フランスとドイツでは足の療術師が「足の保健士」という名称で国家資格になっているようです。またネパールでも「中国足心道」という名称で国家に認められており中国足心道の療術師が活躍しています。

中国足心道が商標登録されていますが、それはなんですか?
特許庁により認可されています。
商標の機能には、出所表示機能、品質保証機能などがあります。
出所表示機能とは、その商標が付された商品、役務の出所(生産者、販売者など)を需要者に認識させる機能をいいます。
品質保証機能とは、その商標が付された商品、役務であれば、一定の品質、質を有するものと需要者に期待させる機能です。たとえば、特定の商標が付された医薬品であれば「効き目が早い」、電子計算機であれば「処理が高速である」、旅客の輸送役務であれば「安全である」といった需要者の期待を抱かせる機能が、品質保証機能です。
反射区施術で日本においては「中国足心道」のみが認可されています。

当療術院のより詳しい内容につきましてはPCホームページをご覧下さい
         
          
      047-358-8262