市川行徳・妙典・浦安の足つぼ・足裏・足もみ整体専門治療院
肩こり・腰痛・膝痛・慢性疾患・婦人科系疾患・自律神経など
中国足心道中村療術院

プロファイルclinic guide

院長ごあいさつ

中国足心道中村療術院のナカケンこと中村です。
中国足心道療術師(中国足心道療術師協会認定番号第1251号 商標権登録認可番号第4181050号)、NPO中国足心道療術師協会療術師会員及びバランス整体師。
       
2004年に香港人の奥さんと結婚を機に香港に移住、2009年にはお子を授かり一児の父として今に至ります。
趣味はチェロと料理。斎藤一人さんのファン。
10代後半に突然原因不明の頭痛と体のだるさと重さに悩まされ、夜も眠れずの日々が続き、病院で精密検査をしましたが原因すら分からず、精神安定剤などを服用しながら過ごしていました。そしてあるお寺のご縁で呼吸法、基本氣功と出会い徐々に症状も回復。
更にこの世界に踏み出す要因となったのが実母の病。体調不良を訴え診断の結果多発性骨髄腫と診断された事が切っ掛けで、真っ先にどうにかして自分の手で改善させたいと言う思いから氣功、レイキなどのエネルギー療法から始まり、中国足心道、氣功整体、三軸修正法の民間療法を習得しながら治療師の世界に足を踏み出しました

幾度一時帰国しセミナーを受講しながら研究研鑽し香港で正式開院するまで商社で勤務しながら週末をメインに施術を行い、2011年の4月に正式に中村波動整体院として開業。
本場香港で氣功法を研究研鑽しながら波動整体を確立、中国足心道フットドクター兼整体師として2015年1月まで香港で診療業務を行い、慢性肩こり、猫背、巻肩、慢性腰痛、ぎっくり腰、胃腸炎、逆流性食道炎、坐骨神経痛、膝痛、神経痛、慢性疾患、鬱病、パニック障害など現地在住の日本人を始め数多くの患者様を通じ症例を経験し実績を積んで参りましたが、2014年5月に母の病状が悪化。本帰国を決意し香港でお世話になった患者様に惜しまれつつ、2015年2月に本帰国。
そして同年3月2日の誕生日に移転開業し、生まれ育った市川行徳を拠点に
悩みを抱える皆様に元氣なって喜んで頂くことを目的として、日々治療業務に励んでおります。

社会は不況の時でも、好況の時もあります。また、時代によって価値観が変容し、逆転することさえあります。しかし、いつも変わらぬニーズがあるのです。それは健康に対する思いであり、病氣を早く治したいという氣持ちです。古代中国の権力者は不老長寿の方法を求めて、莫大な出費を厭いませんでした。時には国家予算に匹敵するほどの出費さえ惜しまなかったのです。
中国医学にはこのような背景がある事を知っておくと良いでしょう。私共が今回、ご案内する療術は古代から現代に至るまで、中国人が永々と積み上げてきた健康に対する思いへの集大成でもあるのです。

現在、中国医学といえば鍼灸、湯液に偏っている感がありますが、手技法は本来、中国医学の中では真中柱として位置付けられていました。医師を志すものはまず整体術から学ばなければならない程のものであったのです。
そして本当の名医は鍼灸術や湯液を施す前に整体術で病氣を治してしまったのです。(昔は切診といって整体術が診察を兼ねていました)つまり、診察の段階で治してしまったわけです
診断即治療、治療即診断という中国医学の精髄が最も純粋な形で表れていたのです。

これらを駆使し本来身体に備わっている「自然治癒力」を上げると同時に身体を緩めて心身共に快適に過ごせるお手伝いをしています。

中国足心道中村療術院では西洋医学やクスリに依存せず東洋医学を基本に経絡・五行陰陽の考え方を併せ、自然の力でカラダの生命エネルギーを目覚めさせ病や不調を軽減することに専念し治療業務を行いつつ、治療業務以外に氣の教室(波動教室)というボディーワーク中心のワークショップを開催し『人の本来あるべく在り方』をテーマに皆様に日頃役立つ事を余すことなくお伝えしております。
皆様のご希望にお応え出来るよう研究研鑽して参ります。

        天地呼吸法
         (呼吸法の動画です)

      中村治療院のナカケンブログ  中村治療院 Facebook 
      アメブロとフェイスブックも毎日更新!

資格

・「中国足心道療術師」中国足心道療術師協会認定番号第1251号 商標権登録認可番号第4181050号
・「NPO中国足心道療術師協会療術師会員」
・「バランス整体師」
「直傳靈氣師範格」

当療術院のより詳しい内容につきましてはPCホームページをご覧下さい
                   
          
       047-358-8262