市川行徳・妙典・浦安の足つぼ・足裏・足もみ整体専門治療院
肩こり・腰痛・膝痛・慢性疾患・婦人科系疾患・自律神経など
中国足心道中村療術院

初めての方topics

information当院について

  • 当院は東洋医学を基本に「第二の心臓」と言われる足。片足63箇所ある反射区を独自の持続圧で丁寧に指圧し、氣血の流れを促進し身体の働きを取り戻そうと働き掛ける中国足心道反射区療法。肩こり・腰痛・膝痛など表向きは部位の不調だと勘違いしがちですが、実際の原因は「全身のバランスの歪み」から来ることが殆ど占めています。そこに着目し徹底したバランス調整を得意としたバランス整体を主に患者様のご希望にお応えしております。                    
  • 当院は2014年1月末まで中国香港で中村波動整体院を運営し様々な症例と豊富な実績を積んで参りました。母親の病状悪化を機に、現地の患者様に惜しまれつつも本帰国し2014年3月に移転開院しました。
    「ココロもカラダも楽になる足もみ整体治療院」として「皆様に喜ばれる存在」に意識し、日々研究研鑽しながら歩んでおります。
  • 当院の方針
    ・一人ひとりに合わせた徹底した施術
    ・メンタル面のフォロー
    ・カウンセリング重視(患者様との対話を重視)
    ・当院の対応範囲以外の病等については病院での受信指示
    ・生命エネルギー、免疫力、自然治癒力の向上
  • 当院は徹底した反射区療法とバランス整体専門
            
    足の反射区治療『中国足心道』
    その最大の「神経反射原理」により片足63箇所ある反射区を中国足心道独自の持続圧を用いて丁寧に押圧し、全身の経絡の流れを促進し、身体に本来備わっている働きを活性化し不調や病を改善していくように促していく『中国足心道反射区療法』。
         
    足を揉むと毛細血管が広がり、下肢に滞留している血液が全身を巡ります。
    血液・リンパ液の流れが促進され、老廃物が排出され、細胞の隅々まで栄養と酸素が行き渡り、呼吸・心拍・血圧・自律神経が安定し緊張感・不安感が緩和され副交感神経が増します。


    〇観趾法
    ・足の反射区を観て、その器官の状態を感じ
    ・実際に触り、確かめ
    ・押圧して、確信する

     
    足もみの際この3つでカラダの状態を診ながら施術を行っています

    〇中国足心道反射区施術
    中国足心道は、今から約2,000年前に中国大陸で誕生した「足は人間の中心である」という理論に基づいた手技療術です。

    米国の耳鼻科医ウィリアム・フィッツジェラルド(1872-1942)がすべての人の神経は足とつながっていることを証明し、「足の反射区療法」という名称を著書「ゾーン・セラピー」で世界に発表、現在では世界47ヵ国で実践されています。
    日本では、中国足心道療術学院の学院長直江敏男氏が「中国足心道」というブランド(商標権登録認可番号第4181050号)でこの療法の普及発展に務めています。

            
    〇全身のアラインメント(建付け)を直す整体『バランス整体』 
    三軸修正法という治療法に氣の治療を併せた施術で、全身のアラインメント(建付け)や全身のバランス調整と経絡の流れを整えていきます。

    ソフトな施術ですので「安全」かつ「安心」な治療法です。施術を受けられる方にとっては軽く触られているようにしか感じられないかもしれませんが、症状が出ている患部だけではなく、全体的な身体のバランスを調整していきますので、とてもリラックスできる快適な感覚があります。
    身体自体が自然に改善していく仕組みや働きを利用する為、力を入れて施術を行わなくとも、骨や筋肉のバランスが整いコリなどがほぐれて痛みなどの症状の改善が期待できます。
          
           
          師である三軸修正法の池上先生と

    他の整骨院や治療院に通われても、いま一つ症状が改善しないという方など、他の治療法とは診立てが違うので、劇的に改善する場合があります。
    またそのような方の施術を得意としているため、お困りの方は一度ご相談下さい。
  • 基本の東洋医学
            
              
    〇病氣になるメカニズム
    東洋医学では、人間と自然界は一体であると捉え、これを統一体観と呼ばれる考え方で東洋医学の基本となり、人間、動物、植物、鉱物、大氣、水などすべてのものは統一体を構成する要素であり、お互いに関係しています。
    統一体は不動ではなく、無数の要素は常に変化しており、この変化を「陰と陽の移り変わり」という概念で説明されます。陰陽の移り変わりは昼夜の交代や季節の変化で説明出来ます。
    太陽が高くなるにしたがって、陽が強くなり、正午には陽の強さが極まります。一方日が傾き陰が強くなり、真夜中には陰が極まります。また一年を通してみると夏至が陽、冬至が陰が極まります。
    陰陽のどちらかの強弱が強すぎたり、弱すぎたりすると偏りの修正が出来なくなり強くなり過ぎる事を偏勝、弱過ぎる事を偏衰と言い、身体のバランスがとれている状態が健康体といえます。
    しかし、バランスが崩れ身体のどこかで偏勝や偏衰が生じると、全身に影響が及び体調が悪くなります。
            
    〇経絡(氣と血の通り道)       
    正経十二経脈
     の通り道である経絡。全身に張り巡らされており経絡には経脈と絡脈があります。経脈は身体の縦方向に伸び、絡脈は経脈から分岐した細い枝であり、身体の横方向に網の目のようい広がっていると考えられています。
    経絡のうちもっとも主要なものに、12本の正経十二経脈があり、十二経脈の1本1本は特定の臓腑に連絡しています。臓腑と経脈を関連付けるときには、を包む膜である心包が五臓に加わり六蔵六腑になります。
    更に手を通る6本を手経、足を通る6本を足経といい、手経、足経はそれぞれ3本の陰経と3本の陽経に分かれます。
    人の身体は、両足両手を地につけた時に、日光が当たる側を陽、陰になる側を陰とします。陽の側を走る経脈は陽経、陰の側を走る経脈を陰経で、陽経は六腑、陰経は六蔵にリンクします。
    12本の経脈は手足の先端部、顔面、胸の内部で次の経脈と繋がり、全体がひとつながりの経脈となっています。

    奇経八脈 もう一種類の主要な経脈に8本の経脈である奇経八脈があります。奇とは「一対になっていない」という意味です。
    奇経八脈は陰陽の対は無く、臓腑とは繋がっていません。
    正経十二経脈と交差しながら伸び、経脈同士を強調させる働きをします。
    経脈と臓腑の氣が多過ぎれば過剰分を取り込み、少な過ぎれば補うという調整もします。
    奇経八脈は、督脈・任脈・衝脈・帯脈・陰脈・陽蹻脈・陰維脈・陽維脈の8本あります。督脈と任脈には正穴(ツボ)があり、残りの奇経にはツボはなく、他の経脈のツボを結ぶように走ります。
    督脈は背骨に沿って身体を昇り、後頭部から頭頂を通って、顔面を下り鼻の下まで伸びます。陽経を統括する役割があり、全身の陽の氣をコントロールします。
    任脈は、腹部の中央を昇り、下顎まで伸びでいます。陰経を統括する役割があり、全身の陰の氣をコントロールします。 
               
  • ~施術空間~
    当院は隠れ家的な和の空間で閑静な環境を重視しプラベートな空間を大切にした治療院です。
    治療室内にドイツ・レヨネックス社製の波動調整のガジェット『デュプレックスⅣ』『チャクラオープナー』『E-smogレヨネータ』を設置。
    地の水脈や断層から発せられる人体に影響のあるジオパシックストレスという負のエネルギーや周りの電氣機器から発せられる電磁波を波動的に中和し、この場にいるだけで癒され調子が良くなる環境作りを目指しています。
            

    当療術院のより詳しい内容につきましてはPCホームページをご覧下さい                              
            
        047-358-8262