中国足心道中村療術院
btn
btn
head-img head-img-sp

自律神経系の症状

自律神経系

自律神経は心と身体を中枢する神経で日常のストレス、環境の変化、女性ホルモンの影響、普段の食事等によりバランスが崩れ様々な不調を引き起こします。
症状が一人一人違うように、その原因もまた一人一人違います。 自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが乱れるのには、いろいろな原因が複雑にからみあっていると言われています。

自律神経のバランスが乱れると先ず全身の血液循環が悪くなり、毛細血管まで血液が行き渡らないと同時に酸素も行き渡らず、体温低下を招き様々な不調や病の原因に発展し、女性の場合ですと、女性ホルモンの分泌に影響し女性特有の不調を訴える方が少なくないです。

生活のリズムの乱れ夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、人体のリズムを無視した社会環境やライフスタイルが自律神経失調症を引き起こし、自律神経のバランスが崩れると下の画像のような不調が起きます。

このような症状

肉体的に慢性的な疲労、だるさ、めまい、肩こり、腰痛、偏頭痛、頭痛動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、婦人科系の不調、手足のしびれ、口やのどの不快感や渇き、頻尿、残尿感、

精神的な面ではイライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱になる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる等
の症状を引き起こします。

 

施術内容については不調の状況、原因など個々それぞれ異なりますのでご提案させて頂きます。

ページトップに戻る